家作りだけじゃない!楽屋は充実したアフターフォローサービスがある

  1. ホーム
  2. 災害などに気をつける

災害などに気をつける

男女

大東市で一戸建て住宅を建てる場合には、どのようなことに注意をしたらよいでしょうか。まずは地震に対して警戒をする必要があります。大東市は内陸部になりますが、南海地震などにも警戒をしなければなりません。また生駒の断層がきっかけで地震が起きた場合は、直接的な被害を受ける可能性もあります。それを考えると、大東市のハザードマップが重要になります。比較的地震が起きて被害が出やすいのは西の方です。東大阪市の方に向っていくと地盤が軟らかいところがあります。その地域で住宅を建てるとすれば、地盤を強化することが大事です。一方それ以外の地域は特に心配はありませんが、寝屋川の近くは増水する可能性がありますので注意しましょう。

大東市に一戸建て住宅を建てるならば、できるだけ安いところに土地を買いたいものです。ですが土地が安ければ安いほど、不便な地域であるのは間違いありません。基本的に駅から徒歩5分程度の場所と、駅から徒歩20分程度の場所では土地の値段が1.5倍ぐらいは異なります。大阪市内に通勤をするのであれば、学研都市線の周辺に一戸建て住宅を建てたいところですが、この場合には狭い土地しか買うことができず、3階建てにするか地下室を掘るしかありません。駅前であればそういった一戸建て住宅が一般的になります。これに対して、駅から離れたとこであれば安いため、2階建ての住宅で車が2台おけるような場所も少なくないです。どちらがよいかは、そこに住む家族でよく話し合うことが大事でしょう。